野鳥撮小屋

yacho.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 13日

カイツブリ

ペアに近づく他のカイツブリを追い払って走り回る様子が
時々見られましたが、高く飛ぶ姿は相変わらず見られません。

#1
d0073779_7151139.jpg


#2
d0073779_7172218.jpg


#3
d0073779_7174531.jpg


#4
d0073779_7185388.jpg

[PR]

by yachotori | 2018-05-13 07:19 | 水辺 | Comments(6)
Commented by none33 at 2018-05-13 10:07
カイツブリさんのペアもなかなか落ち着けないようですね〜蝶やトンボでもみるんですが、同じ種同士だとペアを邪魔しにくる姿、よくみますね。
カイツブリはふだんは地味ですが羽を広げると白くて綺麗なんですね〜表情も凛々しくみえました(^^)v 4枚目手前に見える子は誰でしょう?
Commented by nkyoshii at 2018-05-13 13:02
#1を見ると高く飛ぶための助走に見えますが飛び立たず、泳ぎスィ
ースィーと早く見えても水面駈ける方がスピードあるのでしょうか。
こちらはカイツブリの数少なく、長く居付いて雛孵すので外から又は
外に飛ぶ姿見ていません。いずこでも余り飛ばない鳥のようですね。
ロゴのアオサギはキショウブを愛でているのか味見中なのか、長閑な
景色雨の日には嬉しい写真です。
Commented by yachotori at 2018-05-13 16:06
> none33さん
カイツブリの鳴き声交わしてる時は、恐い表情に見えますが、
声を交わすのは愛を確かめ合ってるとのことです。ペアの維持
には追っ払いと、声の交わし合いが不可欠のようです。
Commented by yachotori at 2018-05-13 16:10
> nkyoshiiさん
小さなカイツブリは安全に繁殖できる場所の確保が難しいようで、
こちらでもアカミミガメに浮巣を乗っ取られていました。
アオサギはキショウブよりも餌探し、直ぐに別の所へ行きました。
Commented by tanaka-masato at 2018-05-13 17:42
お晩なんやした、yachotoriさん。
カイツブリ、は水かきが付いていますから小枝などには器用でも
留まれないのでしょうね。(!?)
カワセミ、が水連とコラボ、手前のカワセミの輝きがきわだって
います!
Commented by yachotori at 2018-05-13 20:03
> tanaka-masatoさん
枝留まりのカイツブリはこれまで見たことがないです。危険な
時は水中へ潜って逃げるようで、飛んで逃げるのは仲間から追
われた時くらいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< チョウゲンボウ      カワセミ >>